年齢関係無く格闘家・レスラーは脳の定期検診をしましょう。絶対に。

年齢関係無く格闘家・レスラーは脳の定期検診をしましょう。絶対に。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

先日もTwitter等で書きましたが。

私の総合格闘家時代、その以前からお世話になっておりましたスポーツドクターが何年か前に体調問題で現役をリタイアし、一昨年復活したのですが場所的にも時間的にもなかなか受診していただくのが難しい状況で。メールや電話だけではやはり医療は無理です。で、主治医不在がずっと。

で、色々あるけれども、特に、ずっと放置してしまっていた定期的な脳の検査。気になってた。

何ヶ月か前、意味不明な頭痛に悩まされ。ストレスと思ったけど、練習で後ろ受け身も一時、あまりやらないようにしてた位つらかった。1ヶ月?2ヶ月?とにかく気持ちの悪い頭痛が続いてた。

で、その主治医不在を復活すべく、近場で主治医を探すべく!

たまたま常備薬をいただいている近所の夜9時までやっている総合的なお医者様。そこに不定期で脳外科の先生が来るという事を知り、年末常備薬をいただくときに、明日の予約をしました。なかなか予約取れないらしいので、速攻とった。夜7時30分。

ちなみに輪切りなんかの検査すると1万円コースなので。今月は無理ですが先生と話して相談して来月早々の給料日後に検査出来るように相談しようと思います。

笑い事じゃなくてね。私のような長年殴り合っている上に40歳過ぎてプロレス。若者と違って脳の再生のサイクルは低下してます。そして年齢的なリスクも。ほっといても脳梗塞とかそういうのが隣にある年齢。

でも、若くても格闘家は絶対です。絶対若いから平気、と思わず、定期検診してください。そして女子格闘家は婦人科系のがん検診とあわせて、脳の輪切りをしてください!1年、若いなら2年に1回でもいい。

脳は鍛えられません。どんなに強い格闘家もレスラーも、脳は鍛えられないの。根性で治せないの。だからこそ。

強いレスラーこそ、強い格闘家こそ。そういうケアをしてください。ていうかしましょう。そういう事も対処できでこそが本当の強さだと思います!

どうかどうか。防げる事故を防いで、自分も周りも守れる、そんな格闘家が増える事を願います。

私は今年は。オバサンぱわー爆裂させて。こういう事をめちゃくちゃ発言して頑張ります。

自己のケアとリングドクターの常設。

リングドクターの件に関しては。また、どこかでちゃんとお話させていただきます。これは総合格闘家の時からずっと変わらない思いです。