24hテレビの24hマラソン感想。

24hテレビの24hマラソン感想。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

いやー頑張ったよね。オバチャン感動。

私、24hマラソンは経験ありますが。なんていいますか。18歳の時に突発性の急性腎不全になり、透析か、みたいなある日突然に大変な状況になった事があるんですが。そんなのやなので医者に行ったら透析なので行かず、一か八かの民間療法で漢方・鍼・食事療法で約1年乗り切り。

で、その後病院行ったら先生が「なんで?」という位回復。酒も浴びるほど飲めるように。基本腎臓は一度悪くなると良くならないらしいけど、病気の原因も不明で突発的だったから?と先生が、????な状況でした。

で、それからなのか。疲労したりすると浮腫んだり(普通の人のレベル越えて)する体質なのですが。

24hマラソンみたいな体を酷使する場合、まず必ずフルマラソンの距離越えた位で、「血尿の膀胱炎」になります。

とにかく毎週、トイレに行きたい。行くと、鮮血が1.2滴しか出ない。後半は尿意だけ。でも出ない。血尿が数滴。

水分とってもでない。意識は朦朧。でも、仲間もがんばってるしなぁとそのままゴールまで。

24h後、約10日以上は、通常体重より4kg位増える。水分出せないの。浮腫みがヒドイ。

本当にツライし、そうなるの解ってるけどやりたいのよね。怪我したり、アレコレで参戦と棄権が同じ比率になってる感じですけど。涙

普通のフルマラソンも、トイレ事情がやばそうなのは出れない。怖くて出れない。いわきサンシャインマラソンの時、婦人科系の病気で不正出血もしていてどうしてもトイレ必須だけど、無いし混んでるし。で、最後の最後で限界で15分以上並んだら、最後、2分とか足りなくて結果に残らなかった。

いや、私がそれ計算して途中時間刻めばいいわけで。自分の責任ですけど。

悔しかった。

DAIGO君がんばったよね。素直にそう思いました。

大人の事情とか憶測は、ここでは捨てさせてください。素直に、頑張った。

また次走る時がきたら、また同じ事で苦しむのでしょうが、それを越えるエクスタシーがあるから。

また、やりたいと思うのかな。